兵庫県明石市の土地事情とは?

兵庫県明石市といえば、日本の標準時として広く知られています。

明石の土地情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

兵庫県の南側に位置しているこの市では、東西に長く広がっており、瀬戸内海に面している自治体でもあります。



淡路島が望める場所にあり、明石大橋やフェリーなど海の玄関口としても知られています。またこの市の気候は温暖で雨が少ない特徴があります。

年間の日照時間を見てみると、県内で2番目に晴れの日が多くなっています。この市では古くからの街並みや商業施設などが息づいてその面影を残している比較的庶民名場所であるとも言えます。自然環境が美しく、古くからの街並みも根付いているこの市においての住宅や土地事情はどのようになっている野でしょうか。


この場所は、神戸市や大阪市、阪神間のベッドタウンとしても住宅開発が進んでいます。


JR明石駅から三宮駅までの所要時間は新快速でわずか15分で行き来がでます。

さらには、大阪駅までは37分という短時間での移動ができるのです。



住みやすい環境でありながら、都心へのアクセスが非常に便利なことも開発が進んでいる理由の一つに挙げられます。
また、明石駅前では近年大規模な駅前開発が行われています。

大規模な商業施設が駅近くに設立され、人気を集めています。

それと同時に駅前徒歩数分の距離には、大規模な自然公園が整備されている魅力もあります。この市は商業的産業と自然という、一見相反する環境が同時に揃っている土地でもあり、さらにはビジネスの中心地である都心部へのアクセスが便利なことも特徴です。

駅前大開発の折に建設されたタワーマンションは全戸一斉完売をし、この土地の不動産の人気を物語っています。
また、この市は、神戸市や阪神間の都心部よりも地価がまだ安いため、手頃な値段で土地や不動産を手に入れることもできます。


都市基盤の整備が進んでいるため、生活のしやすい環境であると言えるのです。